彼は決して他人の幸福が疎ましいのではない。彼は恐らく、幸福そのものについて不寛容なのだろう。

– 『鏡面ブロマイド』 御影月悠依